函館・緑の島で釣りや花火はできる?やきとり弁当を食べながら幕末の歴史を感じる

 

 こんにちは。ジル(@Twitter  @Instagram )です!

このサイトへの訪問ありがとうございます!

 

有名な函館山から函館の街を見下ろすと、

弓なりになった海岸線からちょこっと突き出してる部分があります。

この部分

 

拡大 この四角い部分

 

この部分は「緑の島」という名前の公園広場になっています。

こないだここに行ってみたらめちゃくちゃ良かったので、現地レポートしていきます!

 

記事の内容
・函館「緑の島」はどんなところ?
・緑の島で釣りや花火はできる?
・緑の島でやきとり弁当を食べた現地レポ

 




函館・緑の島でやきとり弁当を食べたら、最高だった

 

まずは緑の島について、詳細情報をまとめます。

 

函館「緑の島」とは?

 

緑の島は、函館西部地区にある人工島です。

観光地として有名な金森赤レンガ倉庫群など、ベイエリアからほど近いところにあります。

 

市電の最寄りは、函館どつく前ゆきの大町駅。

本土?とは橋で繋がっています。

橋で繋がっている

 

施設名 緑の島
営業時間 9:00~20:00(4~9月・12月)9:00~17:00(10~11月、1~3月)花火の上がる前後は立ち入り禁止
定休日 1月1日~1月3日
住所 北海道函館市大町15
電話 0138-27-3333(函館市元町観光案内所)
駐車場 無料駐車場あり
公式サイト https://www.hakobura.jp/db/db-fun/2011/03/post-46.html

 

では、早速行って見ましょう。

 

緑の島に入場・・する前に、ハセガワストアでやきとり弁当を買う

 

今回は、蝦夷梅雨の中、珍しくとてもいい天気だったので、緑の島でハセガワストアのやきとり弁当を食べることにしました。

やきとり弁当とは、ご飯の上に海苔とやきとりが乗った函館のソウルフードです。

緑の島に近い、「ハセガワストア ベイエリア店」で買います。

こんな感じで名物になっている

 

ハセガワストア

 

ハセガワストアは、北海道民の味方・セイコーマートと業務提携関係にあるコンビニです。

店内に入ると、こんな感じでいきなりやきとり弁当を買うコーナー。

店内の様子

 

左手に置いてあるカウンターで、注文表に注文を書きます。

やきとりカウンター

 

 

私は、タレのやきとり弁当(小)

 

やきとり弁当以外にもたくさんメニューがあります。

また「とり肉メニュー」なる欄もありますが、道外出身の方は「やきとり弁当」ってそもそも鶏肉では?

と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実は「やきとり弁当」は豚肉なのです。

ハセガワストアのキャラクターが豚なのを見れば、これがお分かりでしょう。

この弁当の絵柄でやきとりを焼いているのは、ぶた

 

実は、北海道特に道南地方では、「やきとり」といえば豚串を指します。

鳥の焼鳥を食べたい場合、「鶏肉の焼鳥」と言わなければ通じません。

 

この理由は、北海道には昔から養豚場が多く、鶏肉よりも豚肉の方が安く供給できたことが由来しているとも言われています。

道南に限らず、根室や室蘭でも「やきとり(豚)」が馴染んでいます。

 

そんなうんちくは置いといて、やきとり弁当を買います。

注文したらその場で炭火で焼いてくれます。

 

この、炭の香りがいいんです。。

 

 

さて、買えたので緑の島に向かいます。

 

緑の島をご紹介!中でやきとり弁当を食べる

 

緑の島につきました。

 

ところが、あれ??

ゲートがしまってました。

 

しまってる

 

時間を見ると、8時55分。

9時からなので、まだ開場されていない時間でした。

めっちゃきっちりと時間管理しているんですね。

 

少し元町をぶらぶらしてから、9時をすぎたので入場!

八幡坂

 

開いた!

 

 

緑の島に入場

 

入場すると、早速景色のいい橋が。

 

彼方にベイエリアの赤レンガ倉庫が見えます。

ちなみに、入場料は無料です。

 

そのまま道沿いに進むと、駐車場があります。

右手には綺麗なトイレも。

駐車場はめちゃくちゃ広く、満車になることはないかと思います。

めちゃくちゃ広い!

 

緑の島は、真ん中に駐車場と広場があり、周りをぐるっと遊歩道が整備されている感じです。

こんな感じ

 

お腹が減ったので、早くやきとり弁当を食べたいです。

駐車場を抜けて、北側の遊歩道にあるベンチで食べることにします。

この辺で食べる

 

やきとり弁当を食べる!

 

座った場所はこんな感じ。

こんな感じ

 

こんな感じの道がぐるっと一周あります。

ベンチもたくさんあるので、休憩には困りません。

ベンチ

 

こんな景色を見ながら

 

いや、天気がいいとテンションが上がりますね。。

緑の島はとても静かで、風が心地よく吹いている感じです。

やきとり弁当を開封します。

 

 

紅生姜もつけてくれます。

 

中身はこんな感じ。

 

たまらん!

 

いやあ、、たまらんっすね。。

 

このテカリ

 

ここで普通に食べてもいいのですが、串がついたままだと食べるのが大変です。

 

そこでこのやきとり弁当にはコツがあって、まず串を容器の凹み部分にあてがいます。

容器の端っこには、串がおけるくぼみがあります。

 

そして、蓋を閉めて、

蓋を閉めて、しっかり抑え、

 

串を捻りながらうまく引き抜きます。

引き抜く 蓋はしっかり押さえる

 

この時、私のようにまだ歴の浅いニワカやきとり弁当ファンの場合、下手なので容器が割れます。

割れたが、問題なし

 

結果、肉とネギだけがご飯の上に残るのです。

こんな感じ

 

さて、いただきましょう。

 

海苔は切れ込みが入っていて、食べやすくなっています。

切れ込み

 

たまらん

 

いや、炭火焼きならではの、炭の香りがたまりません。

隠し味の「はこだてわいん」によって、肉が柔らかく、味はまろやかに。

一周んで食べ終わりました。

男の人だと、(小)では少し物足りないかもしれません。

 

ごちそうさまでした

 

いやあ、最高

 

さて、やきとり弁当を食べ終わったので、広場を見てみます。




緑の島の広場がいい場所!

 

今度は中心の広場に行きます。

コンクリの地面の広場と、芝生のような草の広場があります。

アスファルト?の広場

 

 

 

草の地面の広場には、サッカーゴールもあり、かなりの広さがあります。

 

思いっきりサッカーができそうな広さ。

サッカー

 

緑が気持ちよく、ついはしゃいでしまいます。

 

 

向こうには海と函館の街、山が見えてとても見晴らしもいいです。

見晴らしもいい

 

後ろには函館山もバッチリ見えます。

 

函館山が見える

 

では、次は周囲をぐるっと回ってみます。

 

緑の島の周囲をぐるっと回る

 

まずは西側から、北、東と周囲をぐるっと回ります。

こんな感じで回る

 

東側はこんな感じ。

 

 

石畳広場もあります。

また、函館どつくも見えます。

函館どつく

 

そして、先ほどやきとり弁当を食べた場所がこんなかんじ。

北側の辺

 

かつての青函連絡船・摩周丸や、函館から七重浜にかけての景色が見れます。

摩周丸

 

   

天気がよかったので、うっすらと駒ヶ岳が見えました。

次は、東側。

東側はこんな感じで、赤レンガ倉庫などが見えます。

 

 

また、さらに進むと、床が木のような感じになり、かなり雰囲気が出ます。

こんな感じになる

 

途中にはモニュメントがありました。

 

函館市と青森市の双子都市を記念したモニュメントらしいです。

また、その先にはヨットハーバーがあり、港町ならではの雰囲気が出ていて、めっちゃ綺麗です。

 

 

ヨットハーバーの後ろには、広場とトイレがあります。

 

     

 

さらに進んでいくと、最初に渡ってきた橋にたどり着きます。

一周回ってきた

 

緑の島は、だいたいこんな感じです。とても広くて、風邪や波の音が心地よく、景色も良くて一日中ここで遊ぶこともできるかと思います。

 

ベンチでご飯を食べたり、ランニングなどにも使えてとてもいいところでした。

 

函館・緑の島で花火や釣りはできる?

 

緑の島ですが、釣りのスポットとしてかなり人気な場所となっています。

実際、私が行った時はたくさんの釣り師さんがいました。

 

 

釣りはできますが、このような張り紙があります。

張り紙

 

海の中を覗くと、魚影がたくさんありましたので、釣りスポットとしていい場所だと思います。

 

また、花火ができるかどうかですが、看板に「火気厳禁」と書いているので花火はできないかと思います。

火気厳禁

 




まとめ

 

ということで、今回は函館・緑の島の現地レポートでした!

めちゃくちゃいいところで、人も少ないので晴れた日には行ってみたらどうでしょうか?

最後までありがとうございました!

\⬇︎こちらの記事もどうぞ!⬇︎/
新函館北斗駅は何もない?グルメ・ランチやレンタカーなど観光情報!やっぱり田舎だったよ

【実地レポ】道内1位「道の駅 なないろ ななえ」のグルメや車中泊など観光情報!男爵ラウンジにりんごもたくさん